住宅ローンが払えないときに読むサイト/任意売却とは?/任意売却でよくあるトラブル

任意売却でよくあるトラブル

住宅ローンの支払いが難しくて売却を検討する際に、視野に入れておきたいのが競売に比べて債務者側のメリットが大きい任意売却です。ただし、相談する相手を間違えてしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性があります。ここでは、安心して任意売却を進めるために知っておきたいポイントについてまとめてみました。

こんな任意売却業者は要注意

任意売却の依頼を受け付けている業者のなかには、後のちトラブルにつながりかねない悪質なところもあります。業者選びをするうえで注意したいポイントは次の通りです。

任意売却申請費やコンサルティング料を要求する

任意売却業者が受け取れる報酬は仲介手数料のみで、料金の上限も宅地建物取引業法により「取引価格の3%+6万円+消費税」と定められています。仲介手数料とは別に任意売却申請費やコンサルティング料を報酬として請求することは、法律で認められていません。そのため、仲介手数料以外の報酬を要求する業者には注意が必要です。

引っ越し代を保証してくれる

不動産の売買代金から引っ越し代の控除を受けられるのは任意売却の大きなメリットですが、業者によっては依頼契約の締結を急ぐために高額な引っ越し代の保証を持ちかけるところもあります。任意売却で受けられる引っ越し代の上限は30万円と決まっており、さらに金額は債権者との交渉で決まるものなので、話し合う前から引っ越し費用の保証はありえません。

それなのに、金融機関との交渉前から上限をはるかに超えた高額な引っ越し代を提示するところは、悪質な業者の可能性があります。高額な引っ越し代につられて依頼してしまうと、トラブルに巻き込まれる恐れがあるので注意しましょう。

依頼契約を締結するとお金がもらえる

任意売却業者のなかには、依頼契約を締結するとお金をもらえるとうたっているところもあります。報酬を受け取る側が依頼者にお金を支払うという不可解な形になり、結果として締結後にお金をだまし取られた、相場の半額以下で売却されてしまったなどの被害も実際に発生。報酬を受け取る側の任意売却業者が相談者にお金を支払うといったことはないため、おいしい話だと安易に飛びつかないように気をつけましょう。

残債務についての説明がない

任意売却でよくあるのが、売却できれば住宅ローンが完済になるという誤解。不動産を任意売却できても住宅ローンの残高が売却価格を上回る場合は、残債務を支払い続けなければいけません。任意売却業者によっては「任意売却後は残債務の請求はない」と説明して、契約締結につなげようとするところもあります。残債務について知らないままだと計画的な返済が滞るため、売却後も債務が残る可能性があることをしっかりと説明してくれる業者を選びましょう。

トラブルを回避するためのポイント

任意売却は通常の不動産取引と違い、専門的な法律知識やノウハウが求められます。業者のなかには任意売却の知識やノウハウがないまま依頼を受けるところもあり、物件の適切な販売価格を設定できなかったり、買い手がつかない物件を放置したり、といったトラブルが起こる可能性も。ローンの返済が滞ってから半年以上が経過してしまうと強制的に競売にかけられ、不利な条件で売却されかねません。

任意売却のトラブルを回避するためには、依頼する業者を慎重に選ぶことが重要です。任意売却に関する実績が豊富か、宅地建物取引業者か、弁護士などの専門家と連携してくれるかなどをチェックしましょう。また、複数の業者から話を聞いて、比較検討することもトラブル回避につながるポイントです。

【監修弁護士事務所】
東京スカイ法律事務所の
任意売却にかける思いとは

詳細を見る