住宅ローンが払えないときに読むサイト/任意売却とは?/持出し金は不要!任意売却のメリット

持出し金は不要!任意売却のメリット

ここでは、任意売却で債務者の持ち出し金が不要な理由について解説しています。

任意売却にかかる持出し金とは

通常の不動産取引では、不動産を売却する際に様々な費用が発生します。

しかし住宅ローンに関連した任意売却の場合、債権者の合意が得られていれば不動産売却にかかる諸費用は売却額と相殺されるため、債務者が手持ち資金を用意する必要はありません。

不動産売却に必要な費用

一般的な不動産売却では、諸費用の総額が売却額の3~4%程度とされています。仮に2千万円で家が売れた場合、諸費用はおよそ60万~80万円程度と考えられるでしょう。

任意売却で持ち出し金が不要な理由

仮に諸費用が4%だった場合、2千万円の売却額から80万円が差し引かれます。そのため売却額は1,920万円に減額され、それがローン返済に充てられることになり、債務者が別途費用を持ち出す必要がありません。

任意売却の売却代金から支払われる費用

不動産会社への仲介手数料

自宅の売却を仲介してくれる不動産業者に対して支払う手数料です。

抵当権解除の書類作成費用・抵当権抹消費用

抵当権とは、債権者がローン破綻に備えて、不動産を担保として押さえておくための権利です。不動産を売却する場合、抵当権抹消の手続きに必要な書類「抵当権解除証書」の作成、手続きといった費用が発生します。

固定資産税・住民税などの滞納金

固定資産税や住民税で滞納している分があれば、その分を支払わなければなりません。なお、仮に自己破産をする場合でも税金は抹消されないため、注意してください。

滞納した管理費・修繕積立金など

マンションの場合、管理費や修繕積立金を滞納していれば、その分を支払う必要があります。

支払いで注意しておきたい費用項目

諸費用の他に、「任意売却申請費」や「販売促進費」といった費用を請求された場合、支払う必要はありません。それらは違法な請求です。

任意売却にかかる費用は専門家に
確認しよう

任意売却では、債務者の持ち出し金は不要です。しかしそこにつけ込んで、不要な費用を売却諸経費として請求する悪徳業者がいるのも事実。

任意売却はローン返済において重要であり、売却額を可能な限り多くして、残債を減らすことがポイントになります。そのため、任意売却にかかる費用について本当に適正かどうか、きちんと資格を持った専門家へ確認するようにしてください。

サイト監修

東京スカイ法律事務所田中弁護士の画像

東京スカイ法律事務所田中 健太郎弁護士

早く相談していれば良かったと
たくさんの声をいただいています

住宅ローンの支払いが困難になり、お悩みの方のために、東京スカイ法律事務所では任意売却のご相談を何度でも無料で受け付けています。「こんなこと聞いてもいいのかな?」といったことなど、どんな内容でもかまいませんので、お気軽にご連絡ください。皆様の住宅ローンに関する悩みを解消できるよう、誠心誠意ご対応いたします。

経歴

平成18年司法試験合格。平成20年から弁護士として大手弁護士法人に勤務し、平成23年9月東京スカイ法律事務所を設立。司法書士、宅地建物取引士の試験にも合格している不動産案件のエキスパート。不動産会社と提携し、任意売却に関する手続きをワンストップで対応しています。

東京スカイ法律事務所の田中弁護士に
無料で任意売却の相談をしてみる

東京スカイ法律事務所に
電話で問い合わせる

あわせて読みたい記事

【監修弁護士事務所】
東京スカイ法律事務所の
任意売却にかける思いとは

詳細を見る