住宅ローンが払えないときに読むサイト/【状況別】住宅ローンが払えない場合の対処法/リボ払いの残額が払えない、その原因と対策を解説

リボ払いの残額が払えない、その原因と対策を解説

このページでは、「リボ払い」について解説しています。リボ払いとはどのような仕組みなのか、分割払いの違いやリボ払いの返済方式について、さらにリボ払いの返済が難しくなってしまう原因や対策についてまとめています。

リボ払いのしくみ

リボ払いとは?

「リボ払い」とは、クレジットカードで利用した金額について、毎月の返済額を指定する方法です。通常はその月の利用件数や利用額に応じて返済額も変動しますが、リボ払いに設定すると毎月の返済額をほぼ一定にできます。

この時、利用残高に応じて支払い回数や返済期間が変動する点も、リボ払いの特徴といえるでしょう。

リボ払いの返済方式の種類は2種類

リボ払いの返済方式には、大きく分けて「定額方式」と「残高スライド方式」の2つの種類があります。

定額方式とは、毎月の返済額をほぼ一定にできる方法です。返済額が一定になることに引き換え、利用残高が増えるとその分返済期間が延長され、利息額も大きくなるという面もあります。

また、残高スライド方式とは、定額部分が利用した残高に応じて段階的に変動する方法。返済を進めることで利用残高を減らせれば月々の返済額も減らせますが、返済額が減るために返済期間が長期化しやすい面もあります。

リボ払いと分割払いは異なる

また、クレジットカードの支払いには「分割払い」という方法もあります。リボ払いとどのように違うのかわからない、と感じている方もいるかもしれません。

分割払いとは、それぞれの買い物ごとに支払い回数を「3回」といったように指定できる方法です。特に高額の買い物をする際には月々の支払いを軽くできるメリットがありますが、分割回数に応じて金利が上がることがある点に注意したいところです。

リボ払いの返済が難しい場合はどうすればよい?

リボ払いに設定して支払いが滞る原因は?

リボ払いの大きな特徴として、金利が高い点が挙げられます。そのため返済総額が膨らみやすいのです。このことからなかなか元金を減らせないため、いつまでも返済が終わらない、という悪循環に陥ってしまう場合があります。

また、毎月一定額を返済していることできっちり返済を行っているつもりになりやすい点もリボ払いの落とし穴。本当はピンチの状況になっているにも関わらず、自分では気づきにくい点も支払いが滞る原因となります。

支払いが滞った時の解決方法は?

リボ払いの支払いが滞ってしまった場合の解決方法としては、下記の方法が挙げられます。

まず考えられるのが、繰上げ返済または一括返済をしてしまうということ。この場合、全額が元金返済に充てられるメリットの他に、これから先の利息軽減につなげられますので、ある程度まとまった収入がある場合におすすめの方法です。

また、金利が低いローンに借り換えをし、リボ払いの残高を一括返済する方法も考えられますが、借り入れの際に新たに審査が必要になる点がデメリットといえるでしょう。

返済が困難な場合には、債務整理のひとつである任意整理も選択肢として上がってきます。これは、借入先と交渉を行い返済可能な条件を取り決めるものです。

対策

リボ払いの返済が難しい、という状況に陥らないための対策をご紹介します。

まずは、どうしても必要な場合以外はリボ払いを使用しないことが最も大切です。「自動リボ設定」「リボ専用カード」となっていないかどうかをあらかじめ確認しておくのも重要です。

また現在リボ払いを利用している場合には、定期的に明細書を確認して、利用残高や返済の状況もしっかりと把握しておきましょう。さらに、リボ払いの設定金額を変更するのもひとつの手。月々の返済金額を増やしておくことにより、返済期間を短くできます。

もしリボ払いを使うなら、毎月の管理が大切

クレジットカードのリボ払いについてご紹介してきました。リボ払いは月々の返済額を少なくし、負担を軽減できる方法ではあるものの、しっかりと管理を行っておかないと気づかないうちに返済額が膨らんでというリスクがあります。 そのため、どうしても使わなければいけないときにしか使わない、利用するときには毎月の返済状況について把握するといった点がポイントとなってくるでしょう。どうしてもリボ払いの返済が難しくなってしまった場合に、は弁護士などに相談するのもひとつの方法です。

【監修弁護士事務所】
東京スカイ法律事務所の
任意売却にかける思いとは

詳細を見る