諦めるのはまだ早い! 住宅ローンが払えない人のためのガイドブック

住宅ローンが払えない人のためのガイドブック » 任意売却ならこんな希望も叶います » 「誰にも知られずに高く売却したい」

「誰にも知られずに高く売却したい」

住宅ローンが払えずに自宅を売却することになった場合、ご近所や身内の方に知られることなく、なるべく高く売却できるという方法=「任意売却」について述べていきたいと思います。

任意売却なら借金を周囲に知られずに済む

まずは、ご近所や身内の方に知られないという点について述べていきましょう。住宅ローンの滞納によって競売になると、その情報は裁判所のホームページや新聞、業界紙、インターネットなどに公開されてしまい、広く一般に知れ渡ることとなります。

また、裁判所の執行官ならびに不動産鑑定士の方からの訪問を受け、現況調査・不動産の調査がなされます。拒否する権利はなく、仮に居留守を使っても鍵穴を強制的に解錠するので無駄なことです。
加えて競売に興味を持った不動産業者が物件情報収集のため近隣に聞き込み等の調査をすることもあります。

一方、任意売却であれば、任意売却専門業者の協力を仰ぐことで、内々のネットワークを駆使して購入希望者を募り、売り手である債務者の合意のもとで売却することができるという仕組みになっています。それこそご近所や親戚の方にあなたの事情を知られる心配はありません。すべて事が済んでから打ち明けるということも可能です。

任意売却なら競売よりも高く売却できる

次に、任意売却なら競売よりも高く売却できる理由について述べていきましょう。競売の場合は言ってみれば不動産業者によるオークションですので、一般相場よりも安い値段で買い叩かれてしまうケースがほとんどです。

一方、任意売却の場合は専門業者の協力を仰ぎ、より一般相場に近い価格で買い取ってくれる方を探し出してもらうことができます。任意売却専門業者は独自のネットワークを形成しており、買い主の候補となる方を豊富にリストアップしています。100%とは言えないまでも、希望価格で売却できる確率は高くなります。

逆に言えば、この場合も任意売却専門業者選びが重要になってきます。過去の実績や顔の広さ、ネットワークの構築度合いなどによって、売却の結果が左右されます。くれぐれも軽率な選択は避けてください。