諦めるのはまだ早い! 住宅ローンが払えない人のためのガイドブック

住宅ローンが払えない人のためのガイドブック » 任意売却ならこんな希望も叶います » 「このまま自宅に住み続けたい」

「このまま自宅に住み続けたい」

本ページでは、本来なら手放さざるを得ない自宅にそのまま住み続けられるという、任意売却ならではのメリットを紹介していきます。

任意売却後も自宅に住み続ける方法

任意売却であれば、売却した自宅に住み続けられる可能性があります。
逆に、競売の場合は100%に近い確率で、その望みはありません。
この事を知らない債務者(ローンを抱えている方のこと)は多く、住み続けられるという希望をその後の糧にされるというケースもあるそうです。

その仕組みを簡単に言うと次の通りです。例えば親兄弟や親戚、あるいは理解ある投資家に買い取ってもらい、借家というカタチで家賃を支払い、そのまま住み続けるという仕組みです。決して詐欺やからくりがある訳ではありません。これを「リースバック」と呼びます。

一方、競売の場合は債務者が買い取り主を指名したり交渉できたりする訳ではありませんので、住み続けられる可能性は宝くじの一等以下でしょう。

理想は親子間や親戚間での売買

このリースバックを行う上で、望ましいのは親子あるいはご兄弟、親戚など身内の方に協力してもらう方式です。なぜなら、投資家に依頼した場合、結局のところそれまで支払っていた住宅ローンの返済金額よりも多くなってしまうというパターンが多いからです。

納得できないような感じもしますが、そもそも投資家は利益の出ない出資は絶対にしてくれません。それ故、理想なのは身内の方のご協力なのです。

とは言え、住宅をポンと購入できるほど余裕のある身内の方など、そうそういないというのが現実ですね。そこで検討したいのが、親子間・親戚間売買にローンをつけてくれる金融機関を当たることです。大手銀行などでも、ローンを組まれる方のお勤め先・収入・勤続年数等などの総合評価によってはローンを認めてくれることがあります。

また、ノンバンク系では金利と手数料が高くなりますが親子間・親戚間売買にローンを扱っている所があります。ある程度の担保が必要にはなりますが、選択肢のひとつとして検討してみるとよいでしょう。

以上が、任意売却した後も、そのまま自宅に住み続けられるというシステムです。絶望したり自棄になってしまう前に、この方法ができないか、必ず検討してみてください。