諦めるのはまだ早い! 住宅ローンが払えない人のためのガイドブック

住宅ローンが払えない人のためのガイドブック » 任意売却ならこんな希望も叶います » 「引越代・生活資金を確保したい」

「引越代・生活資金を確保したい」

本ページでは、任意売却において、引越し代や当面の生活費を確保できる可能性がるという、任意売却のメリットについてスポットを当てていきたいと思います。

任意売却なら引越代や当面の生活資金が確保できる?

そもそものお話しとして、ローンの支払いに困って滞納してしまい任意売却を行おうとしている方は、経済的なゆとりは無いことでしょう。

もしも任意売却をせずに競売となってしまった場合、われわれ債務者が手にできるものはありません。しかし、任意売却の場合なら、任意売却専門業者に交渉を依頼し、売買代金の中から引越代や当面の生活費用を捻出してもらえる可能性があるのです。

ただし、これはあくまで交渉が成立した場合であり、必ず貰えるという保証はありません。この点はしっかり踏まえておいてください。

必要最低限の資産を捻出してもらえる理由

では、なぜ抵当権者(金融機関など)は任意売却するにあたって、ローンの支払いを滞納してしまった債務者に対し、引越し代などを多少なりとも出してくれるのでしょうか?

理由としては第一に、競売だといくらで落札されるかわからないという点があります。これは債務者にとっても気がかりですが、実は債権者にとっても同じことなのです。

第二に、債権者が裁判所に競売を申し立てるには、予納金を納める必要があるという点です。言い換えれば、競売を行う場合、債権者は裁判所に予納金を納めた上に、いくらで落札されるかわからないという状況になってしまうのです。

つまり、債権者は競売に持ち込んでも、「いくらで落札されるかわからない」というリスクを抱えることになり、仮に不動産を売却しても債権分を回収できないという事態になる恐れがあるのです。

以上の理由により、債権者は競売で売却するより、引越し費用を提供する代わりに、一般相場で売却できる可能性のある任意売却に期待を寄せる傾向があるという具合です。

なお、引越し費用の額は、債権者および債務者の状況にもよりますが、一般の住宅で10万円から30万円ぐらいが目安となっています。先にも述べました通り、この金額がどうなるかは、任意売却専門業者にかかっています。交渉の結果、ゼロとなる可能性があることも忘れてはなりません。

「引越代100万円確約」の謳い文句に注意

もうひとつ付け加えておきますと、任意売却専門業者選びの際に、「引越し代100万円」などと謳っているところは注意が必要です。いわゆる悪徳業者である可能性があります。

10年ほど前なら、いわゆる占有屋を使った競売執行妨害という手口があったため、金融機関もしぶしぶ100万円程度を出していたこともありましたが、現在では法改正によりそんな手口は通用しません。任意売却専門業者選びの際には、くれぐれも甘い言葉に惑わされないでください。