諦めるのはまだ早い! 住宅ローンが払えない人のためのガイドブック

住宅ローンが払えない人のためのガイドブック » 任意売却Q&A » どこに依頼すればいいの?

どこに依頼すればいいの?

本ページでは、任意売却について相談したり手続きを依頼する際には、どこにすべきかということについて述べていきたいと思います。

任意売却なら任意売却専門業者に依頼が◎

そもそも任意売却は、専門業者以外にも、一般的な不動産業者や弁護士、司法書士といった方々に依頼することもできます。しかし「餅は餅屋」、おすすめは任意売却専門業者です。

その理由は、なんと言っても交渉や手続きの練度買い主探しの情報量やネットワークなどの点で秀でているからです。

一般的な不動産業者の場合だと…

不動産売買には変わりありませんので受け付けてはくれます。
しかし、ローンの残額が売却予想額よりも高額な場合(売却してもローン完済にならない場合)には、その不足分をどうするかといったことへの対応はあまり期待できません。それこそ、「任意売却を扱うのは今回が初めて」という事態もありえます。

懇意にしている業者にどうしてもお願いしたいといった場合でも、それこそ情に流されず、任意売却で債権者と交渉をした経験が、どれくらいあるのかを確認してから依頼すべきです。

弁護士や司法書士の場合だと…

安心や信用という面でポイントは高くなります。債権者との交渉などは心強いでしょう。
その反面、不動産の売却先の選定や値段交渉といった業務までをこうした士業の方々が直接することは少なく、実際には付き合いのある不動産業者へ外注することが多いようです。結局は、その外注先の能力に左右されるという事になってしまいます。

==========

以上の通り、不動産業者や弁護士、司法書士といった業種の方々に依頼することは決して間違いではありませんが、内容の満足度という点では未知数です。任意売却という手続きや交渉に対する練度という観点からも、一番のおすすめは任意売却に長けた専門業者になります。

但し、任意売却専門業者の中にも、いわゆる悪徳業者やそれに近い輩も存在しています。詳しくは「任意売却の費用はいくら?」および「引越し代・生活資金を確保したい」のページをご覧ください。

任意売却を債務者個人で行えないのか?

自分で任意売却をすれば、手数料を払わずに済むのでは…。

そう考える方もいらっしゃるかもしれません。答えとしましては「不可能ではないが、不慣れな作業に大変な労力と時間が必要になる」という感じです。はっきり言ってしまえば、専門業者に依頼する方がはるかに賢明です。

不動産売買契約は複雑です。その上、任意売却となると一般的な不動産業者であっても二の足を踏むほど煩雑な手続きや交渉が必要となります。

例えば、要書類の準備・作成や債権者との交渉、購入申込者との連絡・交渉、残債務の返済条件の交渉などを一人ですべてこなせる自信があるというならまだしも、そうでない方が大半でしょう。

またそもそもの話として、専門業者に任意売却を依頼する費用は成功報酬です。予めまとまった費用を用意する必要はありません。無理して一人で解決しようなどと考えることはないのです。