諦めるのはまだ早い! 住宅ローンが払えない人のためのガイドブック

住宅ローンが払えない人のためのガイドブック » 任意売却とは? » メリット

メリット

本ページでは、住宅ローンが払えなくなってしまった場合に、競売を待つのではなく自らの意思で行う任意売却を行うべき理由として、7つのメリットを述べていきたいと思います。

住宅ローンが払えないときの任意売却【7つのメリット】

住宅ローンが払えないときの手段・任意売却のメリット

住宅ローンの支払いに行き詰まってしまった場合、任意売却をした方が競売よりも高く売れる(安く買い叩かれない)など、私たち債務者の苦労を軽減できる特徴があります。より具体的にご紹介していきましょう。

==========

メリット1手持ち金の持ち出しが一切ない

不動産を売却する際に、本来支払わなければならない費用が債権者より支払われるため、経済的負担が軽減されます。

  • 不動産会社への仲介手数料
  • 抵当権抹消費用
  • 滞納分の管理費・修繕積立金(マンションの場合)
  • 差押えされている滞納分の固定資産税・住民税の一定額 など

メリット2市場価格に近い値段で売れる

競売のように安値で買い叩かれることはなく、物件の所有者・担保権者・買主の話し合いにより価格が決定するため、市場価格に近い値段で売却できる期待が持てます。

メリット3引越し費用などの捻出も可能

競売の場合は手元に資金を一切残すことができないのに対し、任意売却ならば債権者との交渉により、引越し費用や当面の生活費などを捻出する余地が生まれます。

メリット4ご近所などに知られることなく売却可能

競売になれば、裁判所のホームページや業界紙などに情報が掲載され、当局による現地調査なども行われます。任意売却の場合は、物件の所有者が合意の上で売却するので情報が漏れることを防ぐことができます。

メリット5残った借金は分割返済も可能

債権者と債務者による話し合いによって売却が行われます。私たち債務者の収入状況や生活状況を十分考慮のうえ、現実的な返済方法となります。給与等の差押えはよほどのことがない限りは行われません。

メリット6そのまま住み続けられる可能性もあり

例えば親兄弟や親戚、あるいは理解ある投資家に買い取ってもらい、家賃を支払うという形でそのまま住み続けるというやり方もできます。競売の場合は、ほぼ間違いなく強制退去となります。

メリット7:専門家への依頼で、手続きの負担を軽減

各種調査、売却物件の査定、任意売却終了後に残るローンの債務の返済額・返済条件の交渉要領などを依頼でき、一般人には困難な手続きから開放されます。

==========

以上の通り、任意売却には競売にはない様々なメリットがあり、取るべき方法はこちらだということがお分かりいただけたと思います。しかしながら、任意売却にもデメリットは存在します。よりよい結果をもたらすためにも、その点もしっかり理解しておくことが重要です。

住宅ローンが払えない方、払えなくなりそうな方は、なるべく早めに任意売却について頭に入れ、いざというとき行動できる準備をしておきましょう。