諦めるのはまだ早い! 住宅ローンが払えない人のためのガイドブック

住宅ローンが払えない人のためのガイドブック » 住宅ローンが払えない場合の正しい行動 » 4~6ヶ月滞納している場合

4~6ヶ月滞納している場合

住宅ローンが払えない人にアドバイス

本ページでは、住宅ローンが払えない状況になってから(目安として)4~6ヶ月が経過した方が、今どうすべきか、もっとも有効と思われる対策を述べていきたいと思います。

 

住宅ローンが払えずお困りの方へ
まずはこちらをお読みください

もはや猶予なし!一刻も早く任意売却の相談を

結論から先に言いますと、この状況の方は一分一秒でも早く、専門家の方に相談すべきです。ほんの僅かの差で、競売となってしまうか任意売却に進めるかの剣ヶ峰に立っているといっても過言ではありません。

特に都市銀行や信用金庫などが借入先の方は、もはや猶予はありません。これらの金融機関はよりシビアで、3ヶ月の滞納で競売手続きへと動き始めるケースが多いからです。

ちなみに住宅金融支援機構からの借り入れの場合は、6ヶ月滞納後に競売手続きとなるため、都市銀行や信用金庫よりは時間的猶予が残されていますが、だからといって悠長に構えている余裕はまったくありません。

少しでも有利な条件で任意売却するには、早く行動に移す必要があります。

住宅ローン滞納によって起こることとは?

ではここで、住宅ローンの滞納が続くとどうなるかについて述べていきたいと思います。

金融機関によって時期は異なりますが、概ね住宅ローン滞納が3~6ヶ月続き、なおかつ催告書や督促状、先方からの連絡を放置したままでいると、最終的な催告書(最終通告書・期限の利益の喪失予告とも言います)が届きます。

この書面では、明示された期日までに延滞しているローン額と遅延損害金の合計分の支払いが求められます。それが履行できない場合は、指定された期日をもって「期限の利益喪失」という状態になります。

簡単に言えば、私たち債務者が住宅ローン借入時の金銭消費貸借契約に違反したとみなされ、銀行とのローン支払契約における、月々での分割支払いの権利を失うこととなります。

この状態になってしまうと、任意売却を行うためのハードルがより高くなってしまします(可能性ゼロではありませんが)。そのためにも、何度も言っていますが、専門家への早めの相談を心がけてください。

なお、これ以降の状態については「競売開始決定通知が届いた場合」ならびに「競売入札開始直前の場合」のページをご覧ください。